So-net無料ブログ作成
検索選択

ゆず、もらいました! [ハーブ活用法]

2013.12.7 sat.

PB242782.jpg

毎年1~2回遊びに行っている富士宮の友人宅の庭です。

今年は11月下旬にお邪魔したところ、ゆずが大豊作!

「好きなだけ採って行っていいぞー」との家主友人の言葉に群がる、その他友人たち!(笑)

その中でも特に張り切って、脚立に上って収穫しているのが、ワタクシめりっさなのでした!^^;

 

だって、ゆず、好きだし、最近ゆずが色々注目されているではありませんか~。

 

というわけで、帰宅後…

 

PB270691.JPG

結局みんなで山分けし、6個いただいて来たゆずです~。

ゆずって普段は皮をそいで香りの物としていただいたり、そのまま湯船に浮かべちゃったり…

中を割ってみたのは今回初めてです。

わ~、タネがたくさん!

この種から圧搾したゆずシードオイルが保湿・美白効果の面で注目を浴びています! 

が、個人でタネを圧搾してオイルを採るのは難しいですから、他の利用法を考えてみました。

 

ということで、 

【タネの利用法】

ゆずシード美容液を作ります! 

PB270694.JPG

①煮沸消毒してよく乾かしたビンにゆず3個分の種を入れます。(上の写真はまだ1個分ぐらいです。)

 

PB270699.JPG

②ホワイトリカーなど、アルコール度25度以上の焼酎約200mlを注ぎます。

③時々ビンを振りながら、冷蔵庫で1週間ほど寝かせ、有効成分を浸出させます。 

 

PB270702.JPG

3日後、ホワイトリカーが白っぽく濁った感じになってきました。

(結局1週間おいても、これ以上白くはならなかったので、3日程度で有効成分は浸出しているのかも知れません。)

タネの周りには、トロリとしたジェル状のものがついています。

このジェル状のものの正体は「ペクチン」!

植物に含まれる多糖類で、お肌の保護材的な役割があるのだそうです。 

しみ、しわ、くすみ乾燥などからお肌を保護するらしい…。これってスゴイですよね~!!

 

さて、1週間程経ったら、、良く振ってから濾してタネは取り出し、 漬け込んだ液を美容液として利用します。

アルコールのニオイが気になる場合は、精製水で2倍程度に薄めて使ってくださいね~!

  ※念のため、二の腕でパッチテストをして異常が出ないことを確かめてから、お顔に使いましょう。

   アルコール分がお顔には刺激が強いと感じる場合は、手や脚への使用をお勧めします!! 

   私も手に使っていますが、ハンドクリームのしっとり感とは一味違う、サラサラでツルツルの使用感がとても良いです!

 

【皮と果汁の利用法】 

こちらは食べます(笑)! 

オーソドックスにジャムにしましょう!!

「ペクチン」と言えば、ジャムのとろみのもととして利用されていますが、これが、水溶性の食物繊維なので、腸で糖類を吸収するのを阻害する働きがあります。

なので、血糖値の急上昇を防いでくれます。

また、血中コレステロール値を下げる働きがあることも確認されているという…

何ともありがたい成分ではありませんか~!!

 

PB270696.JPG

皮と果汁4個分でジャムを作ります。

タネは3個分を前述の美容液に、残りの1個分をジャムに粘度を付けるために使いました。

 

PB270697.JPG

①皮をなるべく細く切ります。 

 

PB270705.JPG

②刻んだ皮の苦味やアクを抜くため、ゆでこぼします。3回ほど繰り返してみました。

 

PB270708.JPG

③上でゆでこぼした皮と果汁、そしてお茶パックに入れたゆずのタネ1個分に、砂糖80gぐらいを加えて煮詰めます。

好みの粘度よりややゆるいくらいまで煮詰めたら火を止めます(冷めるとちょうどいい粘度になりますよ)。

 

PB270718.JPG

④完成。煮沸消毒しておいたビンに詰めます。

長期保存したい場合は、この後、脱気殺菌と倒立放冷をします。 やり方は こちら をご覧ください!

 

今回のジャムで、お砂糖は、普段から自宅で使っている甘蔗糖を使いました。 これがなかなか良い風味でした!!

おすすめですよ~♪

 

 

PB240675.JPG 

富士宮では、2日間晴天に恵まれ、裾野までくっきりと見える富士山を堪能しちゃいました!!

 

 

 

にほんブログ村のランキングに参加しています。

    もし記事を楽しんでいただけましたら、どちらか片方をポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ にほんブログ村 花ブログへ

 

 

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。