So-net無料ブログ作成
検索選択

遅咲きのバラ日記 [バラ]

2011.6.29 wed.

DSC07725.JPG
                                                                       (6/10)

イングリッシュローズ“スキャボロ・フェア”の蕾です♪

昨年は蕾が2~3個ついたものの開花せず、
今年も早い時期に上がった蕾がダメになりまして…

このまま咲かないのかな…と思っていましたが…

庭の他のバラがほぼ咲き終わる頃になって、期待のできそうな蕾がやっと上がってきました!

 

 

DSC07726.JPG(6/10)

2番花、3番花になりそうな蕾も元気です。

 

 

DSC07737.JPG

6月12日夕方、一枚だけ花弁が開き始め…

 

しかしその夜、夜半から大雨、
しかも翌13日は息子が修学旅行のため朝の5時過ぎに駅まで彼を送り届け、

あんなに楽しみにしていたバラのことはすっかり忘れて出勤してしまいました。

 

 

DSC07797.JPG

やっとバラのことを思い出し、見に行った14日朝。

 

DSC07748.JPG

 

DSC07798.JPG

雨に打たれてすでに蕊が黒ずんでしまっていたスキャボロ・フェア、
ちょっとがっかりでした。

 

 

が、2番花、3番花も思ったより早く開き始め

DSC07829.JPG

                                                                    (6/15)

DSC07831.JPG

淡いピンクのはなびらに、黄色の蕊がかわいいです♪

 

 

DSC07837.JPG

 

 

DSC07839.JPG

4番花、5番花の蕾も上がってきています。

予想以上にたくさんの花をつけてくれている、この春の“スキャボロ・フェア”。

 

DSC07850.JPG

はなびらが散りやすいので、雨が降りそうな時は切って室内に入れてあげた方がよさそうですね。

 

 

 

DSC07686.JPG

さて、こちらは、昨年の秋に白いカゴに寄せ植えにしたミニバラ“レンゲ”。

蕾の時にウドンコ病がひどかったため、こちらも開花が危ぶまれましたが

DSC07687.JPG

元気に咲いています。

可憐な見た目とは違って、なかなか丈夫な子のようです。

DSC07696.JPG

植えつけた時よりだいぶ背が伸びてしまいました。

 

 

さて、春のシーズンが終わってしまった“緑光”ですが

DSC07793.JPG

黒星病も出て葉っぱが落ち、丸坊主になったと思ったとたんに

また新芽が出てきました!

素晴らしい生命力です!

今はもう蕾もついています。

 

 

DSC07200.JPG

今年の記事にアップしそびれた“カクテル”の一番きれいな時の写真もご覧くださいね。

 

DSC07731.JPG

そして、今年一番美人に撮れたミニバラ“グリーンアイス”。
こちらもこの機会にアップしちゃいます。

 

不精な私の無農薬栽培に耐えうる丈夫なバラしか育てていない庭のバラ…

記事タイトルを「バラ」としてもなんだか豪華さはなく、とてもささやかなバラたちです…。

 

  かなり焦りました…

    ブログ更新前に、何の気なくPCのブラウザをIE9に変更したら

    (…というのもPC画面にIE9をインストールしますか?というような表示が出たので

    勢いでクリックしてしまっただけだったのですが)

    記事更新中、今までのように空白行の改行が入れられなくなりました。

    前記事の一部をコピーしようとしたら、それもできませんでした。

    あわててIE9をアンインストールし、IE8に戻したところ、事なきを得たようですが…

    でも当初はアンインストールのやり方もわからず^^; ……

    マイクロソフトのHPで調べて恐る恐るのアンインストールでした(^^ゞ

    

    こんなこともあるのですね~。

    どうもソネブロとIE9の相性が悪い?ようです。(よくわかりません、濡れ絹だったらごめんなさい、ソネブロさん)

    みなさんもお気を付け下さいね!!

 

にほんブログ村のランキングに参加しています。
    図々しくて恐縮ですが…もしよろしかったら、応援クリック、よろしくお願いします!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ にほんブログ村 花ブログへ

 

 


イングリッシュローズ [バラ]

2009年5月20日(水)

本格的なバラの季節到来です。

DSC02147.JPG

仕事の用で立ち寄った園芸店で出会ってしまったこのバラ…

仕事が終わって即、買いに走りました。

    イングリッシュローズスキャボロ フェアです。

 

  昨年の秋にバラの記事を書いて、その時イングリッシュローズのことを調べて以来、

  イングリッシュローズを何か一つ、育ててみたいと思っていました。

  ( 昨年の記事はこちらからどうぞ☆ )

  しかし…

  調べれば調べるほど、どれもこれも魅力的に思えて、

  一品種を決めることがどうしてもできずにいました。

  しばらく保留にしよう…

    と思っていたところで、出会ったのがこの“スキャボロ フェア”

 

DSC02145.JPG

かわいらしすぎるくらいかわいいピンクのバラ…

おそらく以前の自分だったら絶対選ばなかったピンクのバラなのですが

最近、妙にピンクが好きになってしまったのと、

このつぼみのかわいらしさ…

 

DSC02143.JPG

咲き始めのこのカップ型

 

DSC02106.JPG

咲き進んで蕊が見えてきても可憐な雰囲気…

 

DSC02075.JPG

そして最後の決め手になったのが、素朴な優しい香り

すべてが魅力的に思えてしまったのです!

  あ、名前も…やっぱり気になるものですね。

  サイモン&ガーファンクルの曲の名前。

  あのハーモニーを思い出すと、さらに魅力的なバラに思えてしまうのでした。

  ネーミングって重要ですね~。

 

 

家に持ち帰ってからあらためて調べてみると、

返り咲き性が強く6月から秋まで次々と花が楽しめ、寒さにも強い性質を持っていることが

分かりました。

 

無農薬栽培に耐えてくれるかな…。

 

大事に育てていきたいバラとの出会いでした。

 

 

DSC02164.JPG

スキャボロ フェア緑光、そしてジギタリスの庭…

バラと穂状の花のコラボ…イングリッシュガーデンですね!!

 

   今年も『バラとガーデニングショー』を見に行きそびれました。
   というか、行こうと予定していた当日が、あまりに庭仕事日和だったため、
   ドームに入ってしまうのがもったいなくて見送ってしまったのです。

   ショーは見に行けば確かに感動するのですが、
   最近では、天気の良い日には自分の庭の手入れをするのが何よりも楽しく思えてしまい、
   ついつい出不精になってしまっています。

 

 

最近のダブルホワイト

DSC02042.JPG

チコ(手前)がモモタ(奥)に近づき、モモタが逃げる、

そんな状況だった2匹ですが、
最近はモモタがネコパンチで反撃したり、
時にはこの写真のように、モモタが妥協して、チコが近づくのを許したり…

モモタが逃げる一方だった時期に比べれば、ずいぶん距離が縮まった2匹です。

 

DSC02043.JPG
チコはリラックスしてうとうとし始めます。

 


DSC02044.JPG
 (モ):新入りの分際でオレより先に寝るのか~(・_・;)

 

DSC02046.JPG
 (モ):でもボクも何だか眠くなっちゃった~……

 

こんな平和な時間ばかりが続くわけではありませんが…。

 

 

 

                 *ブログランキングに参加しています。
            今日の記事にふさわしいと思われる方のバナーを、応援クリックポチっとしていただけると嬉しいです。
 
  
                    にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ 

 

 

 

 


タグ:ネコ バラ

情熱のバラ【伊奈町制施行記念公園】 [バラ]

2008年11月16日(日)

日曜の深夜にブログ更新…なんかヤバいですね^^;

さすがに写真の鮮度が落ちてきたかな?と少々焦りはじめたものですから(笑)。

 

まずは、ちょっと私の庭をご覧ください♪
CIMG7713.JPG
あら、スノードロップが咲いています…。
本来、早春の花のはずなんですけどね^^;
スノードロップは時々季節を間違える子がいますね(笑)

 

さて、伊奈町制施行記念公園のバラ、さすがに今回で最終回にします。

色別編集、ピンク、白、黄色以外という大雑把なくくりになってしまいますが^^;

 

となると、まず思い浮かぶのはやっぱり…ですね。

CIMG7541.JPG

CIMG7538.JPG
深い赤の、これぞ秋バラといった雰囲気のバラです。
品種名はたぶん“オクラホマ”だと思うのですが…もし違ったらごめんなさい。

 

 

マイナーフェアー1.JPG

マリアンデール1.JPG
上:“マイナーフェア
下:“マリアンデール
色味としてはこの2種はかなり似た感じです。

  赤いバラというと、一般的には情熱的なイメージがありますが、
  中輪咲きだからか、赤でも清楚な印象を持つバラが多いような気がしました。

 

ロイヤル バシィーノ1.JPG
中心部のしべの黄色が目立って、ぐっと可憐な感じの“ロイヤル バシーノ

 

ガリバルダ1.JPG
さらに花びらの中心部が黄色い“ガリバルダ

黄色味が入ってくると、ぐっと親しみやすい印象になります。

 

ローラ1.JPG
そして、オレンジ系 “ローラ

  とても元気なイメージのオレンジです。
  名前の由来は「大草原の小さな家」のローラかしら?
   (私の勝手な想像です。そう思いたいので、あえて調べていません(^^ゞ)

 

CIMG7516.JPG
淡いオレンジのバラもたくさん咲いていました。
が、品種名分からず…。

 

最後に、この1種しか咲いていなかった色…

ブルー・ムーン1.JPG
内に秘めた情熱の紫のバラ、“ブルームーン”です。
何とも魅惑的な香りの……大人のバラですね。

 

さてさて、公園のバラをずっと紹介してきましたが、我が家の子たちはどうしているかというと…

CIMG7706.JPG  CIMG7708.JPG
のんびりとつぼみがあがってきました。
 左:カクテル
 右:緑光

今年は秋バラの花付きが今ひとつだったと嘆いている方が多いようですが、
私の庭も秋バラがまだ咲いていないんです。
でも、春~夏の花付きがものすごく良くて、その上、開花時期も長かったのでこれは仕方ないですね。

秋の間もゆっくり休んで…これから咲いてくれるといいなぁ。

  カクテルは普通バラの休眠期である1月まで咲いている年もあるので、期待してます♪

 

冬の足音が迫ってきていますが…

CIMG7675.JPG
畑ではまだトマトも収穫しています。

何とものんびりな庭と畑です。

  でもそろそろチューリップの球根を植えなくちゃ…。

 

  *バラの記事が続きましたので、皆様のコメントもネタ切れになっていることと思います…^^;
  その際には、コメント無しで「読んだよ~」のしるしのnice だけ気軽に押して行って下さい!!
  (一応コメント欄は開けておきます。ご質問やおしゃべりももちろん歓迎です!)

 

       *ブログランキングに参加しています。
        今日の記事にふさわしいと思われる方のバナーを、応援クリックポチっとしていただけると嬉しいです。
 
       
  
               にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ 

               いつも応援いただき、ありがとうございます!!
 

 

 

 


黄バラ白バラついでに白ネコ!【伊奈町制施行記念公園】 [バラ]

CIMG7684.JPG

あのさぁ、最近何か忘れてない?

このブログ、リード文に確か

“白猫モモタも活躍中!”とかなんとか書いてなかったっけ?

看板に偽りあり…なんじゃない?

   そろそろそんなクレームがつくと思ったから、今日はモモタ色の特集にするつもりだったのよ。

   でもさあ、モモタの色だけじゃ地味すぎて記事にならないんだよね…

 

あっそう、悪かったね(怒;

どうせオレなんか……  

    立て篭もってやる~;

ガンダムモモタオイルペイント.jpg
ガンプラの箱に立て篭もり中です…^^;

 

 

というわけで、前回に続き伊奈町制施行記念公園のバラ、
色別編集で、今日は白~黄色をお届けします^^;

 

カルトブランシュ4.JPG
ほら、モモちゃん、モモちゃんと同じ白! 白いバラだよ♪

カルトブランシュ7.JPG
後姿も素敵でしょ!  “カルトブランシュ”

 

ホワイトクリスマス2.JPG
こちらは“ホワイトクリスマス”

 

カルトブランシュといい、ホワイトクリスマスといい、線状に少し赤みが入っています。
自然界には、純粋な真白というのは案外少ないのかもしれません。

 

和音2.JPG
“和音”
今回見た白系のバラの中で一番ステキだな~と思ったのはこちらでした。
すっごく上品なクリーム色だと思いませんか~?
お花の形もとってもきれいなんですよ♪

 

  真白は純粋
  クリーム色は、上品
  どちらかというと“静”のイメージの色だと思うのですが…

  クリーム色をさらに濃くした黄色はとっても活発な“動”のイメージの色に変わりますね。

  境目はどこなんだろう…^^;

 

グラミスキャッスル1.JPG
“グラミスキャッスル”

この色はどこに分類しようか…と悩みまして…
なんとなく検索してみたりしていたところ、
作出者のデヴィッド・オースチン氏が
「グラミス キャッスルは、作出したバラの中で最高の白バラである」と言っている
との記述が目にとまりました。

なので「白」です。
でも実はこれ、ピンクと黄色のバラからの掛け合わせでできた色らしいです。
納得。

デヴィッド・オースティン氏、バラ好きならたいていの方が知っている名前ですね。
私程度の半端なバラ好きでも名前だけは知っています。
イングリッシュローズの生みの親です。

ところでイングリッシュローズって? と思われる方!
こちらをご覧ください 

バラの系譜.jpg
この公園には、バラの品種の案内図とともに、
このようなバラの系譜の案内図まで設置されていました。
なんて親切なのでしょう!!

細かいところまでは読みずらいと思いますので、イングリッシュローズについて
転記します。

 イギリスの育苗家デヴィッド・オースティンによって、1969年に発表された新しい系統。
 オールドローズの優雅な花型と華やかな香り、モダンローズの四季咲き性を持ち合わせている。
 今では100種類をこえる品種があり、花色や花型、サイズ、香りの強さなど様々。
 耐病性にすぐれた品種が多いので、初心者にもおすすめです。

そうだったんだ~!!

バラに関する雑誌なども結構読んでいるのですが、どうしても写真に目が奪われがちで、
細かい説明は頭に入っていなかったようです。
イングリッシュローズ……これはぜひ育ててみなくては!

ちょっと脱線しました。

 

 

ピース1s.jpg
“ピース”
やさしい黄色の花びらの縁に、少しオレンジが混じった感じ。
上品さと元気さを併せ持った雰囲気です。

次は、黄色のバラの中ですごく気にいったバラなのですが、品種名が分かりませんでした。

CIMG7568.JPG

CIMG7572.JPG
開き始めよりも、開ききってからの方が花色が薄くなるようです。
どちらの色も素敵ですね!

 

イエローシンプリシティ2.JPG
“イエローシンプリシティー”
とても活発なイメージのくっきりとした黄色です。

 

どこのバラ園に行っても思いますが、赤やピンクに比べて、黄色は数が少ないですね。
やはりもともと黄色のバラ自体少ないのでしょうか?

CIMG7512.JPG
デイサービスの方たちでしょうか。
おばあちゃんたちも、介助者の方と一緒に来られて、バラを楽しんでおられました。

今年亡くなられたターシャ・テューダーさんをふと思い出しました。

 

CIMG7558.JPG
またまた…秋ですね~。

 ※公園の写真は10月28日撮影です。
 関東地方は、最近青空を見ていません。そろそろ青空が恋しいですね~。

 

我が家の庭も少しご覧ください。

CIMG7621.JPG
ウィンターコスモス、咲き続けています♪
花びらのグラデーションが美しい黄色~白、この子も魅力的な色です。

 どちらかというと上品な黄色ですね

 

ナスタチウム黄色.jpg ナスタチウムオレンジ.jpg
春タネをまいたナスタチウム、やっと咲きました。

 こちらは元気いっぱいビタミンカラー系の黄色&オレンジです

やっぱり黄色も、ちょっとした色味の差で、受ける印象が全然違いますね~!

 

 

 


 

       *ブログランキングに参加しています。
        今日の記事にふさわしいと思われる方のバナーを、応援クリックポチっとしていただけると嬉しいです。
 
       
  
               にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ 

               いつも応援いただき、ありがとうございます!!


 

   

 


タグ:ネコ バラ 公園

ぴんくのバラ♪【伊奈町制施行記念公園】 [バラ]

ピンク ラ セビリアーナ3.JPG2008年11月7日(金)

お待たせしました。

前々記事で予告しました、伊奈町制施行記念公園秋バラの記事を今日からお届けします!

  しかし、皆さん嘆いていらっしゃるように、写真のアップロードがめちゃくちゃ重いです。

   私は1記事でだいたい15枚くらいの写真をUPすることが多いのですが、

   今日はどこまでUPできる事やら…といった状態に陥っています。

 

うらら3.JPG
“うらら”
前々記事、バラの予告編の写真はこの花でした。
くっきりとしたローズピンクといい、整った形といい、すごくバラらしいバラ、といったところでしょうか。

   

   今までのバラの記事は、単純に自分が見た順に写真を並べることが多かったので、
    
   今回は少し工夫して…^^;)色別編集にしてみます。

   その予定ですが…

     写真のアップロードが進みません…

     と思っていたら、次は奇跡のようにすんなりアップロードができました♪ やれやれ~。

 

ピンク ラ セビリアーナ3.JPG
“ピンク ラ セビリアーナ”

上の“うらら”よりワントーン淡いピンクです。こちらも上品な形の中輪ですね。

 

    今回初めて色別編集をしてみようと思ったのにはちょっと訳があります。
    (といっても大した訳ではありませんが…)

    日常的にお花に接していて、基本的な花色の好みというのはあるのですが、
    体調や精神状態によって、その日その日で心に響いてくる色は結構違っていることに
    ある時気づきました。

    ピンク(特に淡いピンク)は、心が弱っているときに、やさしく響いてくる色であることに
    以前、病院の待合室で気づきました。

    今回も、多忙な毎日に心が弱っている中、バラ園に足を運び、
    やはりピンクのバラたちが、心地よく自分を包み込んでくれるのを感じたのです。

    今回のバラの記事では、
    そんな自然界の色の微妙さを皆さんにも感じていただけたらいいなぁ、と思います。


ピンクたちの中でも一番やさしく心に沁み込んできたのがこちらのお花でした。

早春1.JPG
“早春”
ね、とってもやさしいピンクでしょう!?
早春という名前も…とってもいいなぁ。

          早春7.JPG
          少し咲き進んだ状態とつぼみはこんな感じです。
          つぼみの先端に少しグリーンが入ったところもいい感じです。

早春3.JPG
さらに咲き進むとこんなふうに。
開いてから、徐々に色が薄くなる花もありますが、
この“早春”は色合いが変わらないですね。

 

桜貝6.JPG
こちらは“早春”よりやや青味を帯びたピンクの“桜貝”
同じ淡いピンク系といっても、受ける印象がクールですね。


   花束やアレンジメントを作るとしたら、
    
   早春はクリーム色ややわらかなオレンジ色の花や
   マーガレットのような素朴なお花などと組み合わせて砂糖菓子のような甘い雰囲気に   

   桜貝は紫やブルーの花と組み合わせてスタイリッシュな雰囲気に
   
   そんな感じが似合うかな、などというイメージも膨らみます。

 

桜貝1.JPG
上の“桜貝”つぼみです。
つぼみがとてもチャーミングなバラですね。
右手前のつぼみはチューリップみたいな形にみえませんか?

 

桜貝12.JPG
こちらは“桜貝”の開ききったところだと思っていたのですが、
こうして見るとちょっと違うような気もしてきました。

 

真珠貝3.JPG
貝シリーズ?  “真珠貝”です。
さらに淡い色合い…。とてもやわらかな雰囲気です。

 

ここまでご紹介してきたのはすべて中輪咲きのバラでした。
この公園全体として、中輪のお花が多いかな?という印象でしたが、
もちろん中輪以外のものも咲いています。

聖火1.JPG
大輪のバラ“聖火”
1964年の東京オリンピックを記念して日本で作られたバラ。
そして、このバラが、日本でたくさんのバラの品種を作出している「京成バラ園」の第1号のバラ
なのだそうです。

 

 

朝雲2.JPG
もう一つ大輪の“朝雲”
なんだかとっても重そうですね^^;

 

バレリーナ2.JPG
そして、小輪で花数の多い“バレリーナ”。
実もたくさん付くバラなので、ドライのアレンジを作る際の花材用にうちでも育ててみようかな、
そんな風に感じさせる、かわいらしくて、親しみやすいバラです。

 

 

CIMG7583.JPG
アーチの向こうでは、ベビーカーを押した若いママがふたり。
赤ちゃんとの暮らしは、傍から見るよりずっとハードな日々ですから、
バラの香りに囲まれてのおしゃべりタイムは、きっと欠かせないでしょうね。 

 

CIMG7500.JPG
ハナミズキ、今年の実と来年のつぼみが同居中です。

秋ですね~。       

 

    

 

 

 

       *ブログランキングに参加しています。
        今日の記事にふさわしいと思われる方のバナーを、応援クリックポチっとしていただけると嬉しいです。
 
       
  
               にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ 

               いつも応援いただき、ありがとうございます!!

 

 

 

 


バラと紅葉【与野公園】後編・モモタ1周年 [バラ]

 

今年最後の収穫となったトマトです。

気がつかないうちに霜がおりたのでしょうか? 
夏野菜たちがついにぐったりと枯れていました。
この前の緑色だったトマトは残念ながら霜に負けました…。

 

もっと早く更新したかったのですが、多忙な日が続き…
すっかり遅くなってしまいました。与野公園の続きです。

バラはやはり赤~ピンク系の色が多いですが、同系色とはいえ、表情はさまざまです。

 モナリザ

微妙な色の混ざり具合が魅惑的。
謎の微笑のモナリザのイメージにぴったりかも。

 

 ハーモニー

 

 

 マダム・ヴィオレ

どんなマダムだったのかしら… きっと少女のような人なのでしょうね。

 都道府県や市町村の花になっているコーナーに咲いていました。

 

 ビクトルユーゴ

こちらは、千葉県市川市の花だそうです。

 

 友禅

 

 緑光

我家にもあります。以前ここで見たときに惹かれて買ったのですが…

日当たりが悪く、化学農薬不使用にこだわる我家で、白いバラを綺麗に咲かせるのはなかなか大変です。
前に見たときはもっと緑味が強かったのですが、今年は白いですね。

 

与野公園では、老朽化したバラを順次植え替え中だそうです。
いっせいに行うわけではないので、公園を閉鎖したりはしないようです。ですから、バラのシーズンは種類を問わなければいろいろなバラが見られますよ。
ただし、街中の公園で、駐車場が大変狭いため、バラフェアの際などは、駐車場が使用禁止になります。もし行かれる方は、公共交通をご利用下さい。最寄り駅はさいたま新都心駅です。

 

 

 

口が垂直に開いていて苦しそうなカバ君。向こうのクマさんもたそがれて…。

秋の日の親子連れ。
お嬢ちゃんのベスト(ちゃんちゃんこ?)はなぜか「亀」…

 

サザンカが満開でした。

サザンカの花を見ると、しもやけが痒くなります。
(童謡「たき火」の2番の歌詞を知っていれば意味分かりますよねっ!!)
しもやけとは子どもの頃からの長い付き合いです。

 

モモタが我家に来て、1年が経ちました。
迷いネコだったことなど本人はすっかり忘れていることでしょう。
完全室内飼いのモモタが唯一外の空気に触れられるのは、2階のベランダです。

ベランダでのんびりしておうちに入りたくなったモモタ

 にゃ~(「入れて」の意) 結構かわいい鳴き方ですが…

 

なかなか窓をあけてもらえません。

 

 おんどりゃ~、早く入れやがれ(怒!

まあまあ、お手柔らかに…

 

モモタ1周年を記念して(!?)、大人の飼い猫ちゃんがしなければならない手術をついに受けました(11/24)

 手術前

 術後の写真は…さすがにかわいそうなのでUPするのはやめておきます…。
(剃毛して丸見えなんです~)

手術後、なんだかおとなしくなりました。それはそれでちょっと淋しいかも。 

 

 

 


バラと紅葉【与野公園】 [バラ]

バラ “レミーマルタン”

少し日にちが経ってしまいましたが、11/20、さいたま市の与野公園に行ってきました。

市街地にある中規模の公園ですが、春のバラの季節にはバラ祭りなどもやっています。
バラの最盛期は過ぎてしまった感がありましたが、それでもまだ綺麗に咲いているバラがたくさんありました。
2回に分けて、公園のバラと紅葉の写真をUPします。

 “キャラ ミア” つぼみの形がステキ。

 

 開くとこんな感じ。

深みのある赤いバラ。高貴な感じです。

 

 “クイーンエリザベス”

 

 “ゴールドシャッツ”

向こうにブロンズ像と紅葉する桜の木が見えます。

 “ゴールドシャッツ”開いたものはこちら。

 

 

 

 

この公園のバラは、1つの種類が少なくとも10本ほど、多いものでは区切られた一区画が全部同じ種類になっています。まだ満開の時期に行ったことがないのですが、多分相当壮観だろうと思います。

上の写真の、奥の背の高い木の向こうは、国道17号、片側3車線の交通量の多い道です。そして上は首都高速大宮線。バラにとってはあまりいい環境ではないかも知れないですね。

でもしっかり手入れが行き届き、きれいに咲いていました。

 

 “スーパースター”

インパクトのある名前ですね。写真よりもう少し強い感じの花色で、なかなかパンチの効いたヤツでした。

 

 “プリンセス チチブ”

与野公園のある場所は、「平成の大合併」で、今はさいたま市となっていますが、それ以前は「与野市」でした。
この“プリンセスチチブ”は与野市の市制40周年を記念して植樹をしたバラだそうで…。

  市の名前が消えて残念に思っている人もたくさんいるのでしょうね。

とてもステキな色合いのバラです。

 

 

 “マイナーフェアー”

中輪ですが、濃い赤い色が印象的です。

 

バラの名前は、公園に表示されていたものを控えてきましたが、表示の札が微妙な位置についていてどちらの名前なのか悩むものもありました。
バラの種類には決して詳しくないので、もし間違いがありましたら、ご遠慮なくご指摘いただけると嬉しいです。

 

児童遊園エリア、桜の木がきれいです。

 

この時期、桜の落ち葉を踏みしめて歩くと、桜餅の香りがしますね。

 


 何の変哲もない我家のソファーカバーです。

 

めくってみると

「何見てんのよ!」

白ネコが白いソファーカバーの上に乗っていると目立たなくて踏みそうになるのに、最近では、なんとソファーカバーに潜ってくつろいでいます。とっても危険!

危険といえば

 ネコパンチ炸裂

ああ~、真央ちゃん、転倒しちゃった…

でも優勝できて良かったね~!